【java 配列の基礎】配列はこれだけ覚えておけばOK!徹底解説。

javaの配列の使い方。PG・PC効率UP・ブログ
javaの配列の使い方。これだけ出来ればOK!

Androidアプリ開発をやっているゆーちゃまさんです^^

当サイト「ドロイドブログ」を運営しています。

Webアプリ開発3,4年ほど、その後Androidアプリ開発にスイッチして10年になります。

javaを勉強している方で

  • 配列の使い方が良くわからない
  • 配列ってどんな時使うの?

こんな悩みを持っている方、居ると思います^^

ゆーちゃま
ゆーちゃま

勉強はじめたころは、僕も配列ってなんだろう?って悩んでました。。

スクールで勉強して、エンジニアになった僕が

初心者にわかりやすく、簡単に配列とは?を解説します!

当時の僕と同じように

  • 配列っていまいち良く分かんない。。
  • 基本的な使い方を理解したい

という方、ぜひいちど目を通してもらえるとうれしいです。

この記事を読むことで、javaの配列の基本的な使い方を理解できます

配列の基礎をものにしましょう!

スポンサーリンク

配列ってなに?

java配列ってなに?
java配列ってなに?

チェックポイント

配列とは、複数の変数を1つの変数に格納して扱うことができるようにしたもの。

ゆーちゃま
ゆーちゃま

変数は箱にたとえられます。中には実際の値が存在するメモリ上の住所がはいっています。

その1つの箱に、いくつもの箱を格納する大きな箱のイメージ

実際にコードを見ながら、実行するとイメージもつきやすいです。

コードを見ていきましょう。

スポンサーリンク

配列の宣言のしかた

ゆーちゃま
ゆーちゃま

まずは配列の宣言から

1行目で、配列 strArray を宣言。
重要なのは、配列のサイズを同時に宣言する必要があります。

上の例では、3つStringの変数/値を入れることの出来る配列ということ。

チェックポイント

宣言時に配列のサイズも宣言する必要がある

配列に値をセット(追加)する

ゆーちゃま
ゆーちゃま

配列の宣言(初期化)が終わったら、配列に値を設定します。

3、4、5行目で、文字列を3つ str_1、2,3を宣言。

宣言した変数 str_1~3を、strArray配列変数にセットします。

セットの方法は、配列の何番目に何を入れるかを指定。

strArray[0] = str1;

これは、strArrayの0番目に、str1の変数を格納・セットするということ。
配列に値をセットするときは、「何番目に何を入れる」という指定で設定します。

配列の宣言(初期化)時に、値もセットする

ゆーちゃま
ゆーちゃま

配列の宣言時に、同時に値も設定できるやり方です。

3行目で、String型の配列を宣言して、値に0番目:”1つ目”1番目に: “2つ目”2番目に: “3つ目” をセットしています。

楽ですね^^

データ型[] 変数名 = {値1, 値2, ・・・}

上記の形で宣言します。

Stringではない例もコードに記載しています。
やり方は同じ。

TestClassというクラスがあるとして、5,6,7行目でnewしています。
そして、10行目で配列「testClassArray」を宣言し、testClass1,2,3を設定

配列の要素数を確認する

要素数とは配列の初期化時に設定したサイズです。
その配列はいくつの要素を入れることができるのか?がサイズです。

ゆーちゃま
ゆーちゃま

要素数の使いどころは、主にfor文で配列の中身を確認する時ですね

実行結果

System.out: サイズ:3
System.out: 文字列1
System.out: 文字列2
System.out: 文字列3

System.out: 文字列1
System.out: 文字列2
System.out: 文字列3

通常のfor文では、lengthを利用して配列のサイズが、カウントiより小さい間は実行するというfor文の条件に利用します。

拡張for文の場合は、lengthを利用する必要はないですね。

配列はどんな時に利用するか

ゆーちゃま
ゆーちゃま

基本的に配列を利用するときは、ArrayListを利用します。

ArrayListはサイズを指定することなく利用できて、追加・削除も楽にできます。

ではどういった時に今回のような配列を使用するのか?

使おうとしているメソッドの引数が配列であったり、戻り値が配列の場合。

主にこのパターンが多いです。

ですので、ArrayListから配列に変換したり、戻り値の配列をArrayListにしたりします。

ゆーちゃま
ゆーちゃま

配列は基本的な使い方を覚えておいて、通常の開発時にはArrayListを利用しましょう。必要な時はArrayListから変換すれば良いです^^

ArayListの使い方・基本はコチラ ⇒ ⇒ ⇒ ArrayList使い方・入門 リストを使いこなそう!

まとめ

javaの配列の基本的な使い方を解説しました。

この記事の使い方で通常の開発ではこと足ります^^

ArrayListを合わせて理解をしておきましょう!

コードを書いた量と、プログラミングの理解は比例します。

どんどん書いて色々ためして、たくさん失敗して成長しましょう^^

こちらの記事もどうぞ^^

(Visited 86 times, 1 visits today)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PG・PC効率UP・ブログプログラミング
ドロイドブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました